佐世保の企業情報サイト

ログイン                 サイトマップ                         お問い合わせ                            

夏季における年次有給休暇を計画的に活用しましょう

労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は、法定の年休付与日数が10日以上の全ての労働者に対して、毎年5日間、年休を確実に取得させることが必要となりました。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のために、労使一体となって、計画的に年次有給休暇を取得しましょう!


「年次有給休暇」とは?

年次有給休暇は、労働基準法で定められた労働者に与えられた権利です。
労働基準法第39条において、労働者は、

  • 6か月間継続して雇われていること
  • 全労働日の8割以上を出勤していること

を満たしていれば、10日間の年休が付与され、申し出ることにより取得することができます。
(勤続年数、週所定労働日数等に応じて年休の付与日数は異なります。)

「計画的付与制度」を活用しませんか?

年次有給休暇の付与日数のうち、5日を除いた残りの日数については、労使協定を結べば、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度です。

労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は、法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の全ての労働者に対して、毎年5日間、年次有給休暇を確実に取得させることが必要となりました。

 [日 数]
例1:年次有給休暇の付与日数が10日の労働者

事業主が計画的に付与できる 労働者が自由に取得できる
5日 5日

 

例2:年次有給休暇の付与日数が20日の労働者

事業主が計画的に付与できる 労働者が自由に取得できる
15日 5日

 

 [活用方法]
企業、事業場の実態に合わせたさまざまな付与の方法があります

方式 年次有給休暇の付与の方法 適した事業場、活用事例
一斉付与方式 全従業員に対して
同一の日に付与
製造部門など、操業を止めて全従業員を休ませることのできる事業場などで活用
交替制付与方式 班・グループ別に
交替で付与
流通・サービス業など、定休日を増やすことが難しい企業、事業場などで活用



今年から、あなたの会社にも「ゆう活」を取り入れませんか?

「ゆう活」とは、日照時間が長い夏は早くから働き、その分早めに仕事を終えて、まだ明るい夕方の時間を有効に活用しようとする取組です。
「朝型勤務」「フレックスタイム制」などの導入が効果的です。
ゆう活の取組を通じて、業務の効率化が図られ、長時間労働が抑制されるなど、企業にも様々なメリットがあります。


電話この記事に関するお問い合わせ>
長崎労働局労働基準部監督課
電話:095-801-0030

ドコモ提供ダウンロード】
チラシ

パソコン外部リンク】
厚生労働省ホームページ
働き方・休み方改善ポータルサイト