佐世保の企業情報サイト

ログイン                 サイトマップ                         お問い合わせ                            

年末年始における年次有給休暇を計画的に活用しましょう

年末年始は9連休るんるん (音符)
休暇に加えて、新しいことにチャレンジdouble exclamation

年末年始は連続休暇を取得しやすい時季の1つです。土日休日制で12月29日から1月3日までがお休みの企業の場合、今年の年末年始は9連休になります。

新年は新しいことにチャレンジする機運が高まります。今年こそ、今年こそと考えていたことはありませんか。

ひらめき年末年始の休みに年次有給休暇をプラスして、新しいことにチャレンジしてみませんか。


「年次有給休暇」とは?
年次有給休暇は、労働基準法で定められた労働者に与えられた権利です。

労働基準法第39条において、労働者は、
・6か月間継続して雇われていること
・全労働日の8割以上を出勤していること

を満たしていれば、10日間の年休が付与され、申し出ることにより取得することができます。(勤続年数、週所定労働日数等に応じて年休の付与日数は異なります。)

「計画的付与制度」を活用しませんか?
年次有給休暇の付与日数のうち、5日を除いた残りの日数については、労使協定を結べば、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度です。

労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は、法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の全ての労働者に対して、毎年5日間、年次有給休暇を確実に取得させることが必要となりました。

日数

例1:年次有給休暇の付与日数が10日の労働者
事業主が計画的に付与できる 労働者が自由に取得できる

5日

5日

 

例1:年次有給休暇の付与日数が20日の労働者
事業主が計画的に付与できる 労働者が自由に取得できる

15日

5日

 

活用方法
企業、事業場の実態に合わせたさまざまな付与の方法があります

方式 年次有給休暇の付与の方法 適した事業場、活用事例
一斉付与
方式

全従業員に対して
同一の日に付与

製造部門など、操業を止めて全従業員を休ませることのできる事業場などで活用
交替制付与
方式

班・グループ別に
交替で付与

流通・サービス業など、定休日を増やすことが難しい企業、事業場などで活用


電話この記事に関するお問い合わせ>
長崎労働局労働基準部監督課
電話:095-801-0030

ドコモ提供ダウンロード】
チラシ

パソコン外部リンク】
厚生労働省ホームページ
働き方・休み方改善ポータルサイト