佐世保の企業情報サイト

ログイン                 サイトマップ                         お問い合わせ                            

【厚生労働省】仕事と介護の両立~介護離職を防ぐために~

  • 高齢者人口の増加とともに、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は増加しており、今後、団塊世代が70歳代に突入することに伴いその傾向は続くことが見込まれます。
  • 介護者は、とりわけ働き盛り世代で、企業の中核を担う労働者であることが多く、企業において管理職として活躍する方や職責の重い仕事に従事する方も少なくありません。
    そうした中、介護は育児と異なり突発的に問題が発生することや、介護を行う期間・方策も多種多様であることから、仕事と介護の両立が困難となることも考えられます。
  • 厚生労働省では、育児・介護休業法に定められた介護休業制度などの周知徹底を図り、企業及び労働者の課題を把握し事例集を作成するなど、介護を行っている労働者の継続就業を促進しています。

***************************************************************************************

【介護で仕事を辞める前にご相談ください】

継続的に介護を行うためには、経済的な負担がかかります。
また、介護が終了した後の生活を視野に入れて考えても、経済的基盤は重要です。
介護に直面しても、すぐに退職することなく、仕事と介護を両立するための制度を活用して、仕事を続けながら介護をしましょう。

介護休業制度の概要を下記のチラシでまとめてあります。チラシ内で相談電話番号も紹介してありますので、まずはお気軽にご相談ください。左斜め下

さらに厚生労働省「介護休業制度特設サイト」では介護休業等、仕事と介護の両立支援制度を紹介していますのでご確認ください。左斜め下